【製品紹介】CODESYSとは?ソフトウェアPLCの特徴とメリットをご紹介!

製品紹介

皆さん、こんにちは!
上越市を拠点にし、「FA設備・装置開発」と「画像処理」に強い会社、NSIです!
私達は豊富な経験と専門知識で、各種業界の自動化・システム化のお手伝いをしています。

5月に入り、NSIも新年度がスタートしました。
気持ちを新たに、本ブログの更新にも力を入れていきます!

今回は、前回のお知らせに掲載したリーフレットの内容について、NSIの開発事例を交えながらご紹介していきます。業務の課題に対するヒントとして、ぜひお役立てください。

リーフレットはこちら↓

CODESYSとは?

CODESYSとは、Controller Development System(コントローラー開発システム)の略であり、産業用コントローラーが自作できるソフトウェア です。
世界の幅広い分野で、CODESYSが採用されています。

さて、冒頭にある「コントローラーが自作できる」とは一体どういうことなのか?
従来のシステムでは、制御機器やPLCは特定のメーカーによって提供されることがほとんどで、ユーザーはその中から選択する必要がありました。
また、プログラミング環境や機能もメーカーによって異なるため、特定のシステムに依存することが多く、カスタマイズ性に制約がありました。

しかし、CODESYSは従来のシステムと違い、大きく3点の特徴があります。

全世界で使用されるソフトPLC

ハード依存がない、ソフトPLCであるためx86系CPUとWindowsまたは、LinuxやRTOSなど数々のプラットフォームで運用することが可能です。

圧倒的な通信速度

共有メモリを介したPCとPLC間の通信により、Ethernetを遙かに超えるデータ交換速度を実現します。そのため、リアルタイム性が求められる場面で活躍が期待されます。弊社の通信テストでは、10KBデータが1μsecで送信できることを確認しました。

幅広い拡張性

CODESYSは国際規格(IEC 61131-3 規格)に準拠しており、複数のプログラミング言語をサポートしています。また、豊富なフィールドバス通信に対応しているため、拡張性も問題ありません。(EtherCAT、Ethernet/IP、Modbus RTU 等)

CODESYSのメリット

実際にCODESYSを使用したことがある社員に、CODESYSのメリットを聞いてみました。

べんぞうくん
べんぞうくん

CODESYSを使用するメリットって何かありますか?

社員
社員

PCとPLCが1つのPCで制御できる というのがメリットだと思います。

べんぞうくん
べんぞうくん

従来だとPLCとPCは別々に制御する必要がありますよね。

社員
社員

1つのPCで制御できるため、通信速度の高速化はもちろん、
ハード面のコストを抑えられるのも魅力
じゃないかと思います。

べんぞうくん
べんぞうくん

なるほど、ありがとうございました!

活用事例

さて、CODESYSのメリットが分かったところで、今後の活用事例について考えてみましょう。

弊社ではこれまで製造業向けの検査装置にCODESYSを導入しています。
CODESYSの特徴を活かすことで、従来のPLCでは実現出来ない制御システムへの展開も出来そうです。

特徴1. 画像処理結果に基づくリアルタイムモーション制御
冒頭でもご紹介したとおり、通信速度が従来と比べ圧倒的に速いのが特徴です。
そのため、画像撮影 → PCアプリで画像処理 → 共有メモリで画像処理結果転送 → 処理結果に応じてPLCでモーション制御 という一連の流れも、高速に処理することが可能です。

特徴2. 高度なデータ管理能力
データベースを活用することで、大規模で構造が複雑なデータ管理もPLC制御で実現可能です。
これにより、製造業、物流などあらゆるシーンにおけるデータ管理制御をPLCで実現することもできます。

特徴3. クラウドやAiとの連携
クラウドベースのアプリケーションやサービスとまたは、Aiアプリケーションとシームレスな連携を実現することが可能です。クラウド連携やAi活用により、より高度なデータ管理、分析を実現し、先進的な制御を実現することが可能になります。

最後に

今回は、CODESYSの特徴や活用事例についてご紹介しました。
弊社でもCODESYSを使用した開発事例がいくつかあります。
ご興味がある方はぜひ、お問い合わせください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
ご質問・ご要望・ご相談などは、下記お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
http://www.net-nsi.co.jp/toiawase.html

べんぞうくん
べんぞうくん

この記事がいいねと思ったらGoodボタンを押してね~

タイトルとURLをコピーしました